※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

羊の皮をかぶった狼×草食系ツンギレ


「……まっきーって好きな人とかいないんだっけ」
「今んとこな。あんまり興味ないし。誰だよまっきーって」
「そっか。あ、これ半分食べる? 甘いの好きだったよね」
「食う。いただきます」
「はい、あーん」
「な、ふっざけんなよてめー!」
「……ふざけただけなのに」
「だからふざけんなって言ってんだろうが」
「全くその通りだね。ごめんなさい」
「……」
「真木君って恋愛話も割と興味ないよね」
「なんだよ今日は。武藤はそういう話したいのか?」
「そういう話がしたいというか……安心したいというか」
「は?」
「やー、ほら、僕と一番仲いいのって真木君だからさ。彼女できたりしちゃうと、こうやって日々だらだらしたりできなくなるかな、と。それって寂しいし」
「お前の方ができそうなんじゃねえの。モテるじゃん」
「どうかなー」
「好きな奴とかいないわけ」
「真木君が食いつくの珍しいね。そうだな、あえて好きな人、って言うなら……」
「……」
「……まっきーかな?」
「……は?」
「……」
「そういう冗談やめろ! 蹴るぞ」
「暴力反対。ちえー、少女漫画とかなら絶対今よさげな雰囲気だったのに」
「いい雰囲気になってどうするんだよ。何の練習にもならねーよ」
「別にいいんじゃない。僕は女子より真木君といる方が楽しいし」
「びみょーに言い回しが気持ち悪い!」
「え、ひどい。……なに、顔赤いけど熱い友情に照れちゃった系?」
「殴るぞ」
「暴力反対」
「……まあ、俺もさ。武藤といる方が気楽でいいとは思う」
「そっか。良かった、嬉しい」
「おう」
「じゃあ嬉しいついでにさ」
「あ?」
「真木君って意外と、押されると弱いタイプだよね」
「あー、言われてみれば……つーか何だよ、近ぇよ」
「何て言うかな。もういいかな、って。多分我慢強いタイプじゃないんだ、僕」
「ちょ、だから顔、近、い」
「えーと、いただきます?」
「――――!?」


「…………」
「…………」
「……痛かったです」
「拳じゃねーのを感謝しろよ、馬鹿野郎!」
「わーまっきー耳まで赤い。かーわいー」
「もっかい殴るぞ!」
「そうしたらもう一度ちゅーしてもいい?」
「ふっざけんな帰る」
「あ、ちょっと、ま」
「なんだよ!」
「真木君、さ。……明日も僕と一緒にいてくれる?」
「な……そ、そんな顔しなくてもいいだろ」
「……ごめん」
「じゃあな。また明日な」
「……! うん、また明日」


「…………やー。真木君は本当にいい子で可愛いなあ」