※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

耳たぶにキス


ローテーブルに突っ伏して寝ている先輩。
スッキリと短い髪のせいで、耳が天井を向いてむき出しになっている。
こんなチャンスはもう二度とないだろう。飲み会が苦手な先輩が、何の因果か今夜は酔ってうちに泊まっていくのだ。
据え膳は無理だが、ほんの少し、ちょっとだけの思い出がほしい。
俺は決心した。あの可愛い耳だけに触れるのだ。
不思議な形、自分のものとは全然ちがう、薄くて丸い、小さな耳たぶの子供のような耳。
隣の机にいるのに先輩はまっすぐモニターばかり見てるから、俺に向いてるのは毎日あの耳ばかり。
もう、なんだかとっくに俺のもののような気さえする。

真上にある電灯が煌々と先輩を照らす。
ローテーブルの向かいからだと届かないから、回り込んで背後から近づく。
丸まった背のすぐ後ろに立って、完全に気配を殺すために息を止めた。
空気を動かさないように、そっと膝を曲げて近づいていった。
距離が近づくにつれて頬に温かい熱を感じる。先輩の体温が上空に立ち上ってるのだ。
きっと先輩の体臭がする。息を吸おうか迷ったが、もしその音で先輩が起きたら目的を果たせなくなるから、
俺は素早い判断でキスのチャンスを選ぶ。

耳までの距離が遠い。
ゆっくり腰を曲げていくと、足の筋肉に先に限界が来た。
もうちょっと、あと一〇センチ。
唇がわななくのを堪えて、あと五センチ。
息が苦しくなる。俺の前髪の数本が先輩の髪にあたってあわてた。敏感な先輩が起きてしまう。あと一センチ。
(あ……)
俺の下唇にだけ、ひやりと肌の感触があたった。
産毛のやわらかさまで、コンマゼロ秒の世界で味わい尽くす。
現実には、たよりない弾力を動かすほどの力も加えず、すぐに身を起こした。

心臓が興奮と酸素不足でバクバクいう中、俺は水中歩行のような大きな動作でゆっくり静かに後ずさった。
一メートル下がって、溜め込んだ息をようやく吐く。
そこで俺はやらかした。静かにミッションコンプリート、といきたかったのに。
「……ッ、フウッ、ウッ……」
吐き出した息は音となった。下っ腹がぞくりと震えて、コントロールなんか効くもんじゃなかった。
我ながらやらしい息づかいだった。それは明かり以外に何の音もなかった室内に、いやに大きく響いてしまった。
しまった、と口を押さえるがもう遅い。
先輩は、と見ると、微動だにしない姿。安心したのもつかの間、俺はすぐに気づいてしまった。
じわじわと、首筋から色が変わっていく。
蛍光灯のクリアな光の下、肌が淡く、赤く。
先輩の寝息が聞こえない。肩が強ばっている……先輩は、今、一生懸命に寝ているのだ。
さっき触れた耳が真っ赤に染まった。
「あ、」

さっき何十秒もかけた距離を越えるのに、今度は一秒。