※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレゼントは首輪がいいな


私が犬を飼い始めたのは3年前。犬といっても四足歩行する毛がふさふさの犬じゃない。
――プレゼントは首輪がいいな
首輪の色は銀色がいい。彼の黒い肌が首輪で映えるだろう。
そんなことを考えながら地下に向かう。ご主人様の顔を見れて喜んでくれるかな。
「料理、運んできたよ」
「要らない」
「ダメだよ。ちゃんと食べないと、健康に悪いじゃないか」
ガリガリにやせ細った体、抜け落ちていく髪の毛。3年前に比べて美貌は衰えている。
それでもあの頃と変わらない綺麗な琥珀色の瞳。とても手放す気にはなれない。
「それに君は若いんだから。私みたいに、食べれなくなってから後悔しても遅いんだよ」
初めて彼を見たときはびっくりした。あまりにも美しい青年だったからだ。頭の回転も早く、話す内容は機知に富んでいる。
その時年頃だった娘と結婚して欲しいと思ったくらい……いや、やめておこう。娘はいない。余計なことは考える必要はない。

「それとも外に出ようか。お日様が照ってて気持ちがいいと思うよ」
犬として飼っているとはいえ人間。服を着せているし外に出たって大丈夫だ。
「捕まるよ、警察に」
「捕まってもいいさ」
強がりじゃない。捕まってもいい、死んだって構わないんだ。
「嫌だよ、外には出ない。貴方を刑務所に入れたくない」
「そうだね。じゃあ日光浴はやめようか」
彼が飼ってほしいと私に言ったのはいつだったろう。なんで私はそれを了承したのだろう。
「うん、外なんてどうでもいい。傍にいてほしいんだ」
わかることは、そんなことどうでもいいってことだけだった。