※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

吐息だけが触れ合うキス

寝る前に、坊っちゃまに「おやすみなさい」の挨拶をするのが、私の日課になっていましてね。
もう2年近くになるでしょうか。
もっとも、いつも既にお休みになられていますから、寝顔に声をかけるほか、ないのですが。
夢の中の坊っちゃまは、今日も幸せそうに微笑んでいらっしゃいます。
近頃、やけに大人びた振る舞いにこだわりはじめ、
「もう『坊っちゃま』なんて呼ぶな」
などと叱られてしまうこともありますが、寝顔はまだまだあどけなくて。
まるで少し歳の離れた弟のように、あるいは、
……いえ、やめておきましょう。おこがましいにもほどがある。
ですから、お休みのくちづけは、今夜も吐息だけ。
そっと顔を近づければ、かすかな寝息が私の唇に触れ、そこがじわりと火照る気がします。
その熱をお返しするように、彼の唇に向かって、小さく「おやすみなさい」と呟く。
…意気地のない、私なりのくちづけです。
元々、おそばにいられることすらも叶わぬはずの性分なのです。
こうして寝顔を拝見できるだけで、日々を一緒に過ごせるだけで、私は十分しあわせなのです。
おやすみなさい、坊っちゃま。…今日も、いい夢を。