※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

気づくのが遅すぎた

「ボールに卵を二つ割ってください。」
「……ん、こうか?」
「はい。殻が入ってますが、まあ取ればOKですね。」
「はっはー!俺様すげー!よし、次だ。」
「次に塩と旨み調味料を入れて泡立て器でよく混ぜてください。」
「おう!えーと、塩をパパッ、味の○をササッ。で、行くぜ!」
「ちょ、待ちなさい!ゆっくりでいいんですよ。ほら飛び散ってるじゃないですか。」
「こ、こうか?こうでいいのか?」
「はい、OKです。あ、そのくらいでいいですよ。じゃあ次は醤油を回す程度に。」
「ん?ん?まわす程度ってなんだ?どんくらいだよ、それ。」
「そうですね。卵液に直径3センチほどの円を二秒で描くようにイメージしてみてください。」
「……わかんねー。まあこんな感じでいいか。」
「少し入れすぎな気もしますが、まあいいでしょう。では箸で軽く混ぜてください。」
「軽くってことは、そーっとだな?そーっと。」
「はい。じゃあ一度ボールを置いてフライパンにゴマ油を塗ってください。」
「この紙で塗ればいいのか?いいんだな?」
「そうです。ムラなく塗れましたね。では卵液を投入しましょう。」
「よーし!行くぜ!ドバーッと行くぜ!」
「乱暴すぎですよ。また零しているじゃないですか。」
「ふ、拭くぜ。拭けばOK!よし、次だ!」
「蓋をして、コンロに着火してください。」
「お、おう。あ、ライターどこだ?」
「これでどうぞ。マッチですが。」
「よ、よ、よよよし。着けるぞ。着けちゃうぞ。………火でねーぞ?」
「おや?おかしいですね。どれどれ……………コンロのガスが空でした。予備をください。」
「あ、買ってくんの忘れた!」
「どうするんですか!まだガスは通ってないんですよ!」
「な、生卵かけごはんで!あれはウマいぞ!」


「これ、甘いんですが。」
「あ、塩と砂糖間違えてる。……ごめんなさい。」