※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雨の中

 雨音にまぎれるようにして、あの人を乗せたバスが走り去ってゆく。
 ぼたぼたと傘にあたって流れ落ちる音のほかに音はなくて、隣に突っ立ったままあいつも
俺も何も言わずに、夜の中に遠ざかるバスの赤いランプを眺めていた。
「……あは、はー」
 終わったなこれで、やっと。へんなことに付き合わせてごめんな。
 そう言おうとしてわざとらしい笑い声を口にだしたとたんに、唇が震えた。
 目の奥がたちまち熱くなってきた。泣くつもりはなかったのに。
「よっしゃぁ帰ろ。こんな日は雨に濡れて帰るのが一番だ」
 明るい声を絞り出したら裏返った。気付かれてないといい。
 傘をたたむと、大粒の雨がつむじにあたってひんやりと頭が濡れてゆく。
 雨だと思うには、目から流れてくるものはあまりにも熱かった。
 顔をみられないように、わざと明るい足取りで歩いた。
 雨に唄えばを唄おうとしたけど、歌詞もメロディーも知らないことに気付いて、
困った。あの人は知っていただろうか。


 ふと名前を呼ばれた。
 それから抱きしめられた。どしゃぶりの雨に濡れた身体に。
 ばかだなぁ、お前まで濡れなくていいんだって。
 そう言おうとしたら、いえなかった。涙が舐めとられていた。
「泣くな」
「ばか。雨だ、泣くわけないだろ」
「雨が塩辛いか」
 確かにそうだ、そう言おうとしたけどキスをされていえなかった。
 雨の中が存在をなぞるように身体を流れ落ちてゆく。雨音が耳の奥にしみこむ。
 唾液やら涙やら、雨水やらわけがわからなくなった。
 ただこの熱だけは、俺は失えないのだと思った。
 顔をもっとよく見ようと思ったら、雨か涙か、にじんでうまく見えなかった。