※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナメクジとカエル

ぺたり、ぺたり、と近づいてくる足音に、ナメクジさんはあえて知らん顔を続けていました。
「やあ、ナメクジさん。今日はいいお天気ですね。」
「ああ、カエルくん。いいお天気だね。」
元気な声に初めて気付いたふりをしたナメクジさんに、カエルくんはにっこりと笑いかけます。
あじさいの葉の下で、ふたりは並んで雨の音に耳をすませ、大きな雨つぶを見つめました。
「もうすぐ夏ですね、ナメクジさん。」
「ああ、そうだね。この雨がやんだら、もうすぐ夏だ。」
「ねえ、ナメクジさん。夏になったら、」
カエルくんが言いかけた時、まっくらな空から、とつぜん大きな音と光がふってきて、あたりを明るく照らします。
「わっ。」
「なんだ、きみはまだかみなりがこわいのか。」
ナメクジさんは少しあきれたように言って、ほんの少しだけカエルくんのそばへ行ってやりました。
子どものころのカエルくんは、それはそれはおくびょうで、かみなりが大のにがてだったのを知っていたからです。
それはもうずいぶんと昔のことで、カエルくんがまだ今のように大きな体も足も持っていない、
ナメクジさんよりもっと細くて小さくて、ふたりがまだ出会ったばかりのころのことでした。
「きみも大人になったのだから、いつまでもこわがっていてはいけないよ。」
やさしく言って聞かせながら、ナメクジさんは空を見上げて、どこかさみしそうな顔をしました。
けれど、てれくさそうなカエルくんはそんなことには気づかずに、うきうきした顔でナメクジさんに言います。
「ところで、ねえ、ナメクジさん。夏になったら、ぼくは海に行こうと思っています。」
「ほう、海へかい。」
「このまえ、旅のトカゲさんに聞いたのです。海というのはすごく大きな水たまりだって。」
カエルくんはとても楽しそうにそう言います。ナメクジさんはずっと雨のほうを見つめていました。
海というのは、ナメクジさんも聞いたことがありました。とても大きな、塩の水たまりのことです。
「だから、ナメクジさんもいっしょに行きませんか。」
「うん、そうだね――。」
「トカゲさんが言っていました。海というのはすごくきれいなところだって。」
「うん。」
「ぼくは、ナメクジさんといっしょに、すごくきれいな海を見たいなって。」
ナメクジさんは考えました。カエルくんはきっと、夏が来たらほんとうに海へ行くのだろうと。
見たことはないけれど、夏の空の色がにあうカエルくんには、きっとその海の色だってにあうだろう。
今のカエルくんにはどこへでもとんで行ける力がある。きっとその大きな海にも、ほんとうに行けるだろう。
あんなに小さくておくびょうだったカエルくんが、じぶんから外のせかいを見に行こうとしている。
それはなんてすばらしいことだろう。たとえばその時が、カエルくんとのおわかれの時になったとしても。
「――ぼくも、カエルくんと海が見てみたいよ。」
「やったあ。それじゃあ、やくそくですよ。」
大よろこびするカエルくんに笑ってみせて、ナメクジさんも一生けんめいよろこぼうとしました。
せめてこの雨がやんでしまう前に、カエルくんと同じきもちでよろこんでみせたいと、ナメクジさんはそう思いました。
ナメクジさんの小さなうそをゆるすように、雨の音はわずかずつ、弱まっていきます。
夏はもう、すぐそこまでやって来ていました。