※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無意識な惚気

例えばそれは、彼にとっては昨日の晩飯の話をする位の感覚なんだろう、と思う。
「昨日さー、先輩とゲーセン行ったんだけどー。あの人ガンゲーめっちゃ上手くて」
コイツとその先輩がデキてるってのを、俺は知っている。
たまたま、本当にたまたま、公園でキスしてるのを見ちまったから。
「何か俺が3倍くらいお金使っちゃったんだけどさー」
「お前が下手なんじゃね?」
「ちげーって」
脚を広げて逆向きに椅子に座り、だらりと俺の机に上半身を預けて愚痴る相手をからかってみる。
するとコイツは、目線だけをこっちに寄越しながら、頬を膨らませて反論してきた。
高校生にもなって、ガキかっつーの。
「でもさー、ガンゲーやってる時の先輩って、むちゃくちゃかっこいいんだわ」
頬の膨らみを吐き出して、今度はだらしなく笑いながら、コイツは言う。
「何かさー、年上の迫力っての?目とか鋭いし。俺が女なら惚れるね」
ほら、でた。
いつものノロケ。
本人は自覚していないようだが、本気でその先輩とやらにベタ惚れらしい。
人の気も知らないで、と内心嘆息するが、毎日のようにノロケたコイツの表情を見れるのは、悪くないと思った。