※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

短気な後輩×卑屈な先輩

ゴールデンウィークが終わりに近づくころになると、毎年のことながらどこにも出たくなくなる。
五月病って名前もついていることだし、と布団かぶってごろごろしてたら、
いきなり上から踏みつけられた。
「アンタまただらだらしてんのかよ!何時だと思ってんだ、起きろ!」
がんがん踏まれる。がしがし蹴飛ばされる。
不法侵入者に用はない、と丸くなろうとしたら、今度は毛布ごとひっぺがされた。
「アホか。アンタまた五月病とか言ってんだろ?アンタのは年中じゃねーか。
単なるサボリだろ。とっとと起きろ。GW最後の日曜だってのにうざいこと言ってんな」
イライラしてるのが口調で分かる。大体こいつは瞬間沸騰がすぎるんだ。
二年前に高校で告られた時だって、最後は半分怒鳴りつけられてた気がする。
「ホラ。起きな」
差し出される手をぼんやり眺めた。でかい手だ。身体もでかい。
来年からプロになるんだっけな。前逢ったときよりたくましくなった。
二流大学でもたもた文学なんてやってる自分と比べると、もう嫌になる。たまらない。
去年卒業したときにもう終わるかと思ってたのに、何でだかまだ続いてる。
おまえ本当にそれでいいの。おれおまえに何にもしてやれないよ。
「なに不細工なツラしてんだよ」
イライラしてた顔が、いきなり心配そうな顔になって、次にぱっと歯を見せて笑う。
でかい手が頭を撫でてきて、「よしよし」なんて今度はガキ扱いらしい。むかつく。
「眠いんなら一緒に寝るか。な、先輩」
短気で粗雑で口が悪くて年上を年上とも思わないくせに、こうやって不意に優しい。
ごめんな。なんかおれ、いつまで経ってもこんなんで。ごめんな。ごめん。
「アンタはそれくらいでちょうどいいよ。オレがいないとダメだろ?」
やけに嬉しそうに言うもんだから、ついつい涙腺が緩みそうになったのは黙っておこうと思う。