※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パラレルワールドの自分

父さん母さん。パラレルワールドの自分はゲ○でした。



一体なんのSF小説か、俺は自分の世界とは違う、パラレルワールドというやつに跳んで来てしまった。
原因不明。もう、まさしくファンタジー。
跳んだ先がその世界の自分の部屋だったから、運がよかったといえばよかったのかもしれない。
しかし。
パラレルワールドの俺は、ゲ○だった。
「なぁ、お前本当に男だめなの?」
「だめっちゅうか、そもそも考えたことがなかった選択肢っちゅうか・・・・・・」
「外見はまるっきりオレなのにな。ちょっと自分とヤるってのも楽しそうだったのに、残念だ」
いやいや、本当に残念そうにため息を吐かないでくれ。お願いだから。
俺この部屋以外でどこ行けばいいのかわからないんだから。
生まれて初めて貞操の危機なんてもの感じた・・・・・・。
「双子・・・・・・は無理だな。オレ一人っ子だって職場の皆知ってるし」
「い、生き別れの兄弟・・・・・・とか」
「うわ、ドラマみてー」
ああうんそうだな、パラレルワールドに跳ぶこと自体、ドラマみたいだよ・・・・・・!
「あーそうだな、髪型ちょっと変えて、伊達眼鏡でもつけて、ちょっとメイクでもすりゃあよく似た別人くらいにはなるかも」
メイク・・・・・・化粧?
「誰が化粧するんだ・・・・・・?」
「お前に決まってんじゃん」
いや。いやいや。
いやいやいやいや(ry)。
「化粧はマジ勘弁」
「ああうん、じゃあまあ化粧はいいや」
 い い の か ! 
「でもよぉ、どうするかなぁ」
「は?何が?」
「同棲の理由」
「ぶっ!」
「お前行くとこないんだしさぁ、ここに住むしかないじゃん?別に部屋借りるのも金かかるし。幸い、オレフリーだし」
「いやいやいやいやいや、おい」
「やおいときたか」
「ちげえよ。いや、なに、じゃあ俺、お前のナニになるの?」
「そうなるなぁ」
あれ、ちょっとくらくらしてきたぞ。なんか考えてもみなかったことが次々に起こりすぎだ。
「一応職場への建前みたいな感じでさ」
「んぬぬ・・・・・・ん?職場?」
「そう、一緒の職場の方が安心っしょ?」
「そんな簡単に就職」
「人手足りてないから。お前、細かい作業得意?」
「まぁ、ボトルシップ作るくらいには」
「おんなじ趣味か。比較的近い・・・・・・あー、ぱられるわーるど?なんだなきっと」
あーそれは俺も感じてた。
住んでるアパートも元の世界と一緒だし、小物やカーテンの色が違うけど、大体同じ部屋だ。
あ、さりげなく俺より上の検定合格してる。
ん?今ちょっと思いついた。
「あーなぁ」
「あん?なんだよ」
「わざわざ恋人の振りしなくても、親戚とか、ルームメイトとかあるんじゃね?」
もう一人の俺、沈黙。そして、
「チッ!」
「舌打ちっ!?」
「偽りから始まる恋だってあるんだぜ」
「まだ俺の貞操諦めてなかったのか?!」
最初に襲ってきたときに一発きんてき食らわしたのに。
「だって目の前に俺がいるんだぞ」
どうやらこっちの俺はナルシーも入ってるみたいだ。
「いや、だから俺そっちの趣味は・・・・・・」
「開発してやるから」
「ノーサンキュー!ノーサンキュー!!アイアムエ○○!!!」
「ミートゥー!」
「切り替えされた?!ちょ、近づくな!もう一発蹴るぞ!!」
「金蹴りが怖くてゲ○やってられるか!」
「わけわからん!?!このっこのぅ!」
ギャーギャーワーワー




父さん母さん。
助けてマジで。