※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

踏んでくれたまえ

じゃあ冒険家×前人未到の地でひとつ

「やあやあよく来たね君!ささ、早くそんな無粋な機械から降りて私を踏んでくれたまえ!」
「……」
「どうしたんだね?私に人類初の一歩を刻みに来てくれたのではないのかね」
「…なんかお前が誰にも触らせたことないって聞いてきたんだけど。
 初めてのわりには、その、フランクすぎないか?」
「ああ、すまない。やっと人が来てくれたものだから嬉しくてね。
 正真正銘初物だから是非とも君色に染めてくれ。
 …も、もし、君が望むならその手に持っている旗に
 突かれている私の写真を、博物館の中で衆人の目に晒してくれても構わんよ」
「初物のくせに意外とすごいこと許すんだな」
「勿論だとも。どれだけこの日を夢見てきたことか…ってどうしたのかね」
「帰る」
「え?」
「その様子じゃ、どうせ人間なら俺じゃなくてもいいんだろ。帰って誰か呼んでくる」
「ま、待ってくれ!!…違う。私は君をずっと見ていた。君を待っていたんだ」
「嘘つけ」
「本当だ。大抵の人間は私のことを嘘だ、幻だと馬鹿にする。
 けれども君だけは、私を信じて、全てをなげうってでも探しに来てくれた」
「……」
「一途に私だけを思い続けてくれた君だからこそ踏まれたい、と思うのだよ」
「…わかった。
 そのかわり、どんなに多くの人間がお前の身体を通り過ぎても、俺のこと忘れるなよ」
「…ありがとう。ああ、そうだ」
「どうした?」
「一応初めてなのだから、できれば優しく踏んでくれたまえよ」
「やっぱ嫌だお前」