※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

韓国×日本

日本の何が気に入らないって、あの人情味の無さだ。

「戦争を反省しろ!」
「はいしてます。遺憾です」
「国連になんか入るな!」
「理解してもらえるよう努力します」
「独島は俺のモンだ!」
「冷静に話し合いを続けましょうね」

あいつの目はとことん米国にしか向いていない。
俺の言葉なんざ風音のように無視している。
まだ足りないのか? もっと強く押せばいいのか。
叩いても叩いても割れない壁があるみたいだ。

さすがに罵声のネタが尽きた頃、ふっと日本がこちらを向いた。
突然で死ぬほど驚いたんだが、日本は涼しい顔をしている。

「ドラマ、面白いね」
「エッ?」
「韓国の。ドラマ。わりといい」
「え? あー。家では古臭いって評判なんだが……」
「その懐かしい感じが良いんじゃないですか。
 もっと見せてください」

懐柔する気かよ。日本の腹黒さには、いい加減ヘドが出る。
しかしもっと腹立たしいのは、俺の気持ちだ。
少し嬉しかった。

「ドラマよりも……映画を見ろ。最近、力を入れてる」
「ありがとう。お礼にうちの新作アニメ見ますか」

互いのDVDを交換して家に帰った。
誤魔化された悔しさと、認められた嬉しさでグチャグチャな気分だ。
アニメは、面白かった。とても。
いや、このくらい俺でも作れるぞ! 負けるかっ!
パクってやる畜生。俺にだってできる。

俺だって日本と対等なんだ。
隣りに並んで立てるくらいに。
だから俺をちゃんと見ろよ。失礼な日本め……