※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ら、らめえ~

がーごがーごがーごがーご
シャリシャリシャリシャリ
がーごがーごがーごがーご
シャリシャリシャリシャリ

「ああもう!」
俺はクマさんの形のカキ氷器をまわす手を止め、思わず叫んだ。
「……ん、あに?」
そう言って目をあげたカズキの舌は、真っ青に染まっている。
昨日の夏祭りで余ったので町内会からばーちゃんがもらってきた
シロップの色だ、もちろん。
「俺が作る片っ端から全部食うなよ!俺の分は?!」
「あ……おめん」
片時もスプーンを口に運ぶ手を休めずにシャリシャリ言ってたカズキは
口いっぱいにかき氷を頬張ったままそう言って笑った。
「あわりにも、うあくて」
「お前、もう舌回ってないじゃん。やっぱ食いすぎだって!」
『あまりにくも旨くて』さっきから間違いなく三杯分くらいは
食べ続けてるカズキは、舌が冷たくなりすぎたのかロレツが回らなく
なりながらも、まだ欲しそうな顔をしてかき氷器を見た。
「そんな食いたいなら自分で作れよ。俺が食べるから」
「おあえの作ったやつらから、おいひいんらよ」
またにこっと笑われて、不覚にも一瞬ドキっとする。
赤くなった顔は、でもこの暑さと労働(カキ氷作り)でもともと赤いから
気づかれなかったはず。
「そんなうまいんだ?じゃ俺だって尚更欲しいわ!」
照れ隠しに大きな声を出して、スプーンを奪おうとじゃれかかる。
ついでに昔からの弱点であるわき腹をくすぐると、カズキは
うひゃひゃひゃひゃ、とけたたましく笑って息も絶え絶えに
「ら、らめぇ~!これはおれのー!」
と叫んで最後の一口を頬張った。あーあ。俺の貴重な労働の成果が。
一瞬本気でへこんでがっくり首を落すと、突然首筋にひやっとした感触が
あって俺は飛び上がった。
「うあっ!?」
振り返ると、俺の首筋に顔を埋めるようにして、冷えた唇と舌を肌に
押し付けてるカズキがいた。顔は見えないけど、青く染まった赤い舌の先が
変に生々しく見える。
「……んふふ」
一瞬の沈黙のあと、カズキが顔をあげる。
「ちょっとらけ、冷たさわけてあげた」
「……。『あげた』じゃねーよ!余計暑苦しいだろ!ほら、代われ」
強引に席を代わらせて、カキ氷器をしぶしぶごりごりと回しはじめた
カズキに気づかれないように、そっと様子をうかがう。
「ほら、早くー」
「ちょ、そんなに早くできないって」
顔を上げずにそう言うカズキの顔は、少しだけ赤くて、それはきっと
暑さのせいだけじゃないと俺は思った。だってさっき振り返って見たときの
カズキの顔は今よりももっと赤かったから。
「あ、今度の花火どうする?」
「ん?行く行くー」
がーごがーご、と音を立てて削られていく氷を見ながら、俺達はいつも通りの
夏を過ごしていた。