※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤリチン男にお仕置き

部屋に入るなり、佐野はいきなり俺を突き飛ばした。
「ちょっ……! 何すんだよお前!?」
不意を突かれて床に倒れ込む俺の上体を、大きな手が押さえ付けてくる。
痛みに顔をしかめる俺を、佐野は無表情に見下ろした。
「お仕置きだ」
「はぁ?」
事態が飲み込めず、俺は十年来の親友をまじまじと見上げた。
お仕置き、という言葉が何故こいつの口から出てくるのか。
しかも俺にはそこまで悪いことをした覚えもなく。
「お前がヤリまくって捨てた女達の代わりに、俺がお仕置きするんだよ」
こいつに不似合いな乱暴な言葉。吐き捨てるような口調。
今まで見た事もない佐野の姿に、不安が沸き上がる。
「な、何で? だって俺の女好きなんて今に始まったことじゃないし――」
「お前、相手の本当の気持ち分かってる? 口には出さないけど、
どれだけお前のこと好きなのかって……分かってないだろ」
そう言われて胸がちくりと痛む。
『恋人じゃなくてもいい』『いちど寝たからって束縛したりしない』
彼女らの言葉をそのまま都合良く受け取り、体に飽きれば何の未練もなく捨てた。
佐野はそんな俺の行動に苦笑しながらも、黙って見ていたはずだった。
「そ、そんなこと今言われても……。お、お前だって俺の好きなように
すればいい、って言ってただろ!?」
みっともなく言い訳する俺に、佐野は僅かに苛立ったような顔をした。
「……やっぱりお前は何も分かってない」
じゃあ、お前には分かるのか――そう言い返そうと開いた唇は
のしかかって来た佐野の唇で塞がれた。