※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヘタレ×ヘタレ

「あのさあ、……」
「……何?」
「いや、その」
 何を言いづらそうにしてるのだろうか。根気よく相槌をうちながら、うだうだする友人に暫く付き合ってみる。
「俺、この間言ったよね? その、ほら、何つーか」
 何となーく言いたい事は分かるような。やっぱり分からないような。
「ピンと来ないなら、……まあ、別に気にしなくて」
 良いんだけど、と小さくなっていく声。いや、良くないだろお前。分かってる。本当は何聞いてるかなんて分かってるよ? それどころか、あれからずうっと気にしまくってるのだって当然気付いてたさ!
「何だよ、気になるじゃん」
「……先週の、さ」
 俺のこと好きかもとか言いやがったなあお前。でもさ、あんな世間話なノリでどうしろっての。どういう意味かなんて、帰りお前のテンションの低さでようやく思い至ったんだぜ。流した後に俺から掘り返せってか?
「……やっぱ今度でいいや」
 良いのかよ、なあ。そのまんま、また人の隣でうだうだすんの? お前の好きかも、に俺がマジんなって答えろって? ってか、ホントに好きってどういうつもりで言ったんだよ。かも、って何だよ。
「……気に、なるじゃん」
 好きって言えよバカ。