※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プール脱衣所

何とはなしに、ただ覚えてる。

夏休みのプール開放日。
塩素と汗と水の匂いが染み付いた、コンクリの小屋の中の空気。
壁際の錆びたロッカー。
セミ達がうるさく鳴いていた。

素っ裸のままじゃれあいながら、湿ったバスタオルを振り回す。
帰り道に買う50円のチューブアイスを賭けて、よく分からないルールにのっとったチャンバラごっこ。
そういう風にして僕らは、少年の日々を過ごしていった。

あの頃の僕は子どもだったから、いつまでもこうして、ふざけて笑っていられるのだと信じていた。
いつか互いのことさえ忘れてしまうなんて、考えもしなかった。

そして僕たちは大人になった。

中学生になり、高校へ進み、大学に合格し、人生に流されていくうちに、あの頃は確かにきらめいていた
何もかもが色あせて、ほこりにまみれて、いつのまにか消えてなくなっていた。
誰より大切な親友だったあいつの顔さえも、思い出せなくなっていった。

だけどただひとつ、心に焼き付いて離れないのは、あの噎せ返るような更衣室の匂い。
あの中で僕たちは約束をした。
「いつまでも一緒にいよう」とふざけて笑いあった。

でも、それすらももう昔の話。

夏が来る度、何とはなしに、ただ思い出す。
何でだろう、思い出すほど、胸が痛くなる。