※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狭い密室で2人がぎゅうぎゅう詰め

「あ、暑ちぃ……」
八月のとある日。時刻は午後8時。青少年研修施設の菜園近く。
一畳ほどの物置の中で農具に囲まれながら、俺の右半身に密着した滝田が悪態をつく。
大人二人がやっと入れるくらいのそこは、まさに蒸し風呂だった。
大学二年目の夏休み。学生課で紹介されたアルバイトは、小学生のキャンプの引率。
お約束のイベント、ナイトハイクのオバケ役に俺と滝田以下数名が抜擢され(アミダで)
二人してここにぶち込まれた。
「ったくよー、やってられっかっつーの。クソあちぃ」
「だから二人で中にいなくたっていいって言ってるじゃない」
暑いも何も、一人ずつ交代で中に入るのを渋ったのは滝田だ。
俺は滝田の、わずかな明かりでもわかる上気した顔と、息苦しそうに呼吸する喉元を盗み見た。
そんな俺に気づかずに無意識に体を寄せてくる滝田がかわいくて、意地悪をしてみたくなる。
「そういえばこの施設って、出るらしいよ。昼間、健太君たちが噂してた」
「出るって、何がだよ」
「さぁ。出るって言ったらいろいろ出るんじゃない?」
「はっ、ばかじゃねえの。小学生と一緒になってんじゃねえよ」
そう言いながら、なんでお前は俺のシャツの裾を掴んでいるんだ。
さっきからうるさいこの鼓動は、俺のものなのか滝田のものなのか。
「もしかして滝田、……怖い?」
肩に腕を回して耳元で囁くと、滝田の体がぴくりと震える。ああいいなあその反応。
「ふざけんなてめえ! こっ、怖いわけあるかっ!」
身動きすらままならない物置の中で、滝田が身を捩る。
滝田、それは何を誤魔化したいの。怖いのは何。
「あ、そう? じゃあ俺は向こうの東屋から見てようかな」
そう言って戸口に手をかけたその途端。
滝田が俺の腕にしがみついた。
「べっ……別に怖いとかじゃないんだからなっ! こういうのはチームワークが……」
唇を尖らせ、目を逸らしたまま嘯く馬鹿な滝田が愛しくて、密着した肌を捕らえて口づけてやった。
「さぼっちゃおうか。オバケ役」
そう言って俺は、瞬きを忘れたかのように目を瞠る滝田にもう一度唇を寄せながら、
懐中電灯の明かりを消した。
意識の遠くで、子供たちがきゃあきゃあ騒ぎながら通り過ぎて行った。