※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どこか狂ってる人とその彼をうまく扱える人

 リュウヤが白衣のまま玄関に倒れこんできた。
 疲労困憊、顔面蒼白。まさにそんな感じで。俺は慌てて駆け寄った。
「た、だいま」
「おい!リュウヤ!」
 蹲ったまま息を荒げているリュウヤの顔を覗き込むと、リュウヤは思いの外強い眼光でこちらを見た。
 そしてもう一度、言い聞かせるように言う。
「ただいま」
 やれやれ。言いたいことはわかった。

「……おかえり。大丈夫なのか」
 そう言うと、リュウヤは満足そうにニヤッと笑った。
 こいつは俺が「おかえり」と言うのを聞くのが好きらしい。
 たまに言い忘れると、「おかえり」と言うまでこっちの話を聞いてくれない。

「大丈夫。根を詰めすぎただけ」
 そう言って立ち上がろうとするのを押しとどめる。
「待て。肩貸すから、よっかかれ」
 よほど辛いのか、素直に肩に手を回してきた。そのままリビングのソファーに連れて行く。
 俺より背が高いくせに、俺より細い腕。棒っきれみたいな奴だ、と思う。

 ソファーに座らせ、白衣は脱がせて洗濯機に放り込む。
 レモンティーを淹れるためにお湯を沸かしながら、ぽつぽつと会話をする。
「研究の成果は?」
「上々だよ」
「身体は大事にしろよ」
「わかってる」

 答えるリュウヤの声が心なしか弾んでいて、珍しいな、と思った。
 俺が「大事にしろ」と言うといつも、リュウヤは困ったような顔をした。「大事にする」という感覚がよくわからないらしい。

 すぐ捨てる、すぐ壊す。愛着と言うものがないのだろうか。
 自分のことすら蔑ろにする。少し前まで、倒れるまで研究室に籠ることはザラだった。
 家で待っている身としては非常に心臓に悪い。
 今日のような状態で「帰ってきた」というだけで褒めてやってもいいぐらいだ。
 そう思って「帰ってきてくれてよかった」と言おうとすると、先にリュウヤが口を開いた。
「ケイタがそうやって言うから」
「え?」
 突然自分の名前が出てきて戸惑う。
 聞こえなかったと思ったのか、リュウヤはもう一度繰り返して続けた。
「ケイタがそうやって言うから、大事?にする。今日だって帰ってきたし」
「……だよな」

 やばい、嬉しい。
 黙々とレモンティーを淹れているように見せかけて、にやつくのを抑えるのに必死。

 どうにか零したりすることなく二人分のレモンティーを淹れ終えて、リュウヤのもとへ向かった。
「はい、どーぞ」
「ありがとう」
 リュウヤがティーカップを両手で受け取り、俺はその隣に座る。もうお決まりになった一連の流れ。
 こてん、とリュウヤが寄りかかってきた。
「ケイタ」
「なんだよ」
「俺、わかってきたかも。大事にする、ってこと」
「おお、本当か!?」
「うん」
「良かった、良かった」

 俺の反応が不満らしく、まだ何か聞いてほしそうにちらっとこちらを見る。わかりやすい奴。
「なんでわかるようになったんだ?」
 そう聞くと、ころっとニコニコし始めるリュウヤ。
「全部ケイタだって思えばいいって気づいたんだ」
「……どういうこと?」

 すると奴は、“とっておきの秘密”を喋る子どもの様に耳打ちしてきた。
「鉢植えも、水槽も、水槽の中の金魚も、石ころも、赤の他人も『あれはケイタだ』って思ったら、なんか……大事?に、できる」
 そして、一際大きくにっこりして、嬉しそうに言う。
「今日発見した。だから、今日はずーっとケイタと一緒にいたんだ」

 ……こいつは。
 ああもう、いま俺の顔どうなってんだろう。

「……大発見だな」
「うん、大発見」

 この幸せが続けばいい、なんて。
 柄にもなく願ってしまってもいいだろうか。