※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

屋上

「屋上」。ただのシチュ場所の1つと諸兄は思われるかもしれない。
しかし実際、一口の「屋上」と言っても奥深いのである。シチュとして屋上大好きなので語る。

屋上とはそもそも、行動範囲が限定される「建物」においての自由特区のようなものである。
その開放感、頭上に広がる空。対して、階下の建物では他の人間が活動しているこの対比。
階下の活動時間から逃げ出して静かな屋上を楽しむもよし、
休み時間休憩時間空き時間に、皆でわいわいがやがやする屋上を楽しむもよし。
呼び出し場所にも最適。告白、決闘、脅し、密会、なんでもござれ。
パッと見より奥深い「屋上」という舞台設定を、今回はかなり簡略したいくつかの要素別に語りたいと思う。

1.どこの屋上か
その建物が一体何かで、屋上といってもガラッと風情が変わるのである。

まず学校。超スタンダード。
不良に限らず、授業をサボって昼寝するならここ!
彼らを探しにきた優等生、普通君、教師、誰でも似合う使い勝手のよさ。
最近では学校において屋上は基本「立ち入り禁止」になっているところも使い勝手がよい。
また学校においては屋上の出入り口や給水塔など『屋上のもう一段高いところ』の存在が重要。
気配を消すスキルさえあれば、密会や極秘の関係にばったり行き会って図らずも秘密を知ってしまう巻き込まれ属性
屋上で絡まれてる生徒を颯爽と助けに飛び降りるヒーロー属性を会得できる。

それからオフィスビル。
煙草をふかしたり、一人黄昏たり、世知辛いデスクワーク系サラリーマンにとってつかの間の休息場所。
また大型ビルの場合は屋上にいろいろ設備(でかい空調ファンとか)が設置されており
学校の屋上と違ってでこぼこ率が高いのがポイント。物陰がたくさんだよ!やったね!
更に番外として、外資系ビルならヘリポートがある。こちらは広々。障害物無し。
ヘリから降りてくるスーツ来たやり手イケメン。舞い上がる風。絵になる。

そして病院。
開放感と言う意味では病院は別格である。なぜなら、入院患者は病院の外に出られないのだ。
塞ぎこみがちな患者を外に連れ出すなら中庭か屋上の二択。二大お出かけ場所。
開放感があるのに、どこか寂しい、切ない、そして閉鎖的。
入院着またはパジャマ、サンダルというラフな格好と、ビシッと白衣な格好が共存する光景。
(現実ではどうかわからないが)真っ白なシーツがたくさん干してあるのもポイント。


2.空の時刻
屋上に出れば頭上には空が広がっている。では、今何時?空はどんな様子?思い浮かべてみよう。
絵だろうが文章だろうが、屋上において空の描写は実はとても重要である。

まず日中の青空。
晴れ晴れとしていて気持ちがいい。雲ひとつなくても、あるいは雲があってもどちらでもいい。
階下の喧騒を忘れさせてくれる静かな屋上、広がる静かな青空。
飛行機雲がのびてもいいし、入道雲がもくもくしててもいい。大袈裟に言えば日常とは別世界なのだ。
疲れたリーマンが手すりに寄りかかって、ほっと一息ついて「いい天気だなあ…」とぽつりと漏らす。

それから夕暮れ。
たそがれ度マックス。黄昏るなら夕方。逢魔時。なぜか泣きたくなる。叫んでもいい。
下の方から部活の賑やかな声が聞こえてきたり、遠くからとおりゃんせが響いてきたり、とにかく寂しい。
学校なら見回りの教師が屋上をチェックしにくる。それをかわして屋上に閉じ込められてもいい。
サラリーマンなら俺達の仕事はまだまだこれからだ!という感じ。缶コーヒー片手にやる気をチャージ。

そして夜。
都会の空を見上げて「夜なのに星がよく見えない」というネタもあり、
田舎の空を見上げて「星ってこんなにあったんだな」というネタもあり。
学校の屋上で天体観測をしてもいい。学校公認でも、学校非公認でも、思い出。
オフィス高層ビルなら眼下の星空(ビルのライトや車のヘッドライト)との対比も有効。

番外として雨もあり。
屋上で立ちすくみずぶ濡れになっている画面、これはけっこう怖い。
すぐ屋内に入れる状況なのに敢えての濡れ鼠。何があったのか妄想の余地ありまくり。


3.その他特殊物
手すりのない屋上。舞台設定的な意味では屋上とは言いがたいが、密会などの雰囲気指数があがる。
スナイパー。狙撃するなら屋上安定。
敵か味方かわからない謎のキャラの出現場所として屋上は最適。
 危ない場所にあえて腰掛けて謎度アップ(DQNじゃないよ)
 月をバックに給水塔あたりに立って謎度アップ(DQNじゃないよ)
階段を駆け上がる。目の前に開ける屋上の景色。手すりの向こう側。アイキャンフライ。 というトラウマ。


いかがだろうか。屋上と言ってもシチュはいろいろ考えられ、そこそこ奥深いと思われないだろうか。
個人的に、屋上の魅力は「開放感」と「閉鎖感」の同居であると考える。広々しているのに、隔絶されている。
さあ、一人身でも、カップルでも、友人でも、腐れ縁でも、皆屋上を利用しよう!