※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あえぎ声がうるさい攻め(notショタ)と声を我慢する受け

隣の部屋のカップルのあえぎ声がうるさくて、というベタな事があって引っ越した。
やった、これで壁殴り代行を呼ばずに済むぜ!
と喜んでいたのもつかの間。
初めて俺の部屋に相手を招いたら、むしろそいつの声の方が酷かった。

「あー、あーこれマジヤバいわ、気持ちよすぎ。なあ、なあ、お前はどう?きもちーか?」
通常音量でそのセリフ言われても、返せるわけないだろ。
お前のドヤ顔マジウザい。
ムダにいい声、もっとウザい。
きもちーけど、まだこらえられる。
「なあ、俺…もうイキそうなんだけど。中でいい?なあ、返事しねえとこのまま出すぞ…?」
嫌だけど、中は嫌だけど、まだ声は我慢できる。
「いいのか?なあ、このまま…出すぞ!」
さっきから首を横に振ってるだろ、意思表示はしてるから!
なあ、やめてくれよ。
お前は知らないかもしれないけどな、ここもそこまで壁、厚くないんだよ。
最悪AVでごまかすけど、両隣たしか…人が
「くっ、もうムリだ…出る…!」
おい嘘だろ、やめろよ。
お前、確か出すとき…

「うぉぉぉおお…!」
「っあ…」

両隣さん、ごめんなさい。
壁ドンした音、聞こえました。

あと、お前のあえぎに被せてうっかり声出た。
不可抗力。

目の前で、ご満悦って顔で賢者してるから、気づいてないって思ってたのに
「やっと声出したな」
とか、お前が殴られろバカ!

後日、真面目に両隣の住人と顔合わせにくかった教訓を生かし、二度とアイツを家に呼ばないと誓ったものの
アイツが実家住まいな事を思い出し、しばらくの間ヤる場所が、外にしかないことに気がついた。
真剣に、アイツにボイスオフ機能が欲しいと思った、ある日の夜。