※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

些細なことで嘘を吐く

 シーフのサラキは些細なことで嘘をつく。
嘘つきな男だと思われたいのだ。

自分は茶葉の目利きの天才であるとか、
この先の教会は十字の代わりに矢印が飾ってあるのだとか、
水竜のなめらかな背中は怒るとトゲトゲが出るのだとか。

すぐばれる嘘を、法螺を、軽やかに揺れる赤毛と
道化た手振りに乗せて日々繰り出している。

真摯な男だと思われてはたまらない。

いつか一番大事な場面で、
彼が大事なもののために命を投げ出す時に、
彼が思わず本音をこぼしてしまうだろう時に、
あいつのことだから本気かどうか分かりゃしないと、
笑い飛ばしてほしいのだ。

彼が心と剣を捧ぐ主に。

****

その日も、冗談で場を盛り上げていたサラキは
いつの間にか酔いつぶれてしまった。

宿屋の酒場。
パーティーの仲間や荒くれ男たちが飲み騒ぐ中。
吟遊詩人があぐらをかき、チェチリアオルガンがゆったりとサーガを奏でる。

今、戦いは遠い。

大きな暖炉がゆらゆらとあたりを橙色に照らす。
寝ぼけたサラキの顔はずいぶんと幼く見えた。

「ねえオレ、あんたの事ほんとにほんとに好きなんだよう……」
「ああ、わかっている。わかっている」

机につっぷしたサラキのひとりごとのようなそれを、
そばに座った金髪の戦士は笑って受け止めている。

「もうずっとついていくからね。あんたはオレたちの星。
お仕えするよ。あんたがいやだといっても、ずっと。ずっとだ……」
「そうしてくれ、サラキ。私とともに。」

戦士は、ごくりとまたひとくち酒を飲んだ。

入口でわっと歓声が上がり、踊り娘が店に訪れたのを知らせる。

完全に寝こけてよだれを垂らすサラキの頭を、
戦士は幼い子にするようにポンポンと叩いた。

「また、明日にはすっかり忘れているのかな」

戦士は唇に笑みを刻んだ。

罪のない嘘も、戯れも、
今夜の告白にはひと粒も宿らないことを知っているのだ。