※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

映画監督と俳優

彼を見た瞬間、「撮りたい」と思った。
容姿のよさだけじゃない。
カメラを通しても伝わる華やかさ、それが彼にはあった。
何度も彼と話し、しつこく口説き続け、
他の仲間に笑われながら、ようやく彼に許可を取る。
自分でカメラを回し、演技に慣れぬ彼を追い、
日を重ねるごとに魅力を増す、彼の良さを全て閉じ込めた。
意気揚々と学祭で流したそれは、思わぬ反響を得た。

月日が流れ、その映像が切欠で、彼は俳優に、自分は映画の監督になった。

とはいえ、泣かず飛ばずの作品しか作れない自分には、ドル箱俳優となっていた彼を出演させるほどのお金が出せない。
かといって、他の人が撮った彼を、スクリーンで見るのも嫌だった。
自分なら、彼をもっと魅力的に撮れる。
悪役だろうと、正義の味方だろうと、
主役だろうと、脇役どころか端役だろうと、
彼の良さを引き出せるのは自分だと、自負していた。

ある日、彼から連絡があった。
「お前、まだ監督とかしてる?」
頷くと、更に彼は言った。
「久しぶりに、俺を撮らない?」

昔、テープが擦り切れるほど見直した、眩しい笑顔で告げる彼に、自分はしばらく見惚れたあと、頷くしか出来なかった。