※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

甘えていいよ

頑張ってるところを見せたくない。心配させたくない。
人前に立つ仕事をしている彼は、俺と食事をするたびに、いつものふわふわとした口調を一転させてそういう。
ファンの子たちの前では『理想のケイくん』でいたいんだそうだ。

ちら、とすっかり眠りこけているケイを見る。
ここのところ激務だったらしく、前見たときよりも明らかに痩せていた。
元々かなり細いのに、このままだったら消えてなくなってしまうんじゃないか、って不安になるほどに。
人差し指で、茶色くてさらさらの前髪を弾く。長い睫毛が微かに震えて、どきっとした。
起こしてしまったかな、と思ったけれどそれは杞憂だったようで、ほっと胸を撫で下ろす。

もちろん顔だけで彼を好きになったわけじゃない。
可愛らしいのに男前なところがあったりとか、ファン想いなところとか、優しいところとか。
あげていったらキリがないくらい、好きなところはたくさんある。
でもやっぱり、こうも分かりやすく痩せていると、心配になってしまう。
柔らかな髪の毛をそっと撫でて、俺は呟く。

「甘えて、いいんだよ。甘えてくれたら、精一杯甘やかしてあげるから。…それくらいしか、出来ないし」

目立った特技もなければ、面白いことが言えるわけでもない。
そんな俺が出来ることといったら、全力で甘やかしてやるくらいだ。
そう思っていると、俺の手に、ケイの指先が乗った。

「っ、ケイ、起きて「それくらい、じゃないよ」
「…何…?」
「……俺は、彰に甘えさせてもらえるだけで、充分だよ」

彼は瞼を閉じたまま、ふっと笑う。
俺が泣きそうになったのは、その微笑があまりにも綺麗だったからだろう。