※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピアニスト×ヴォーカリスト

ツアーバンドピアニスト×ポップヴォーカリストで

 ピアニストにとって今回が初めての大舞台だ。『彼』のツアーバンドに選ばれたのは
幸運だった。―彼の代表曲にはピアノが欠かせない。
この経歴は今後、自分の役に立つだろう。

―コンサート準備の喧騒の中、『彼』が一心にピアノの鍵盤を見つめていた。
微かに口元を動かしながら。

 ピアニストがそれに気づく。
「なにか気になることでも?」
 ヴォーカリストが軽く舌打ちする。ピアニストを振り返って軽く睨みつける。
「……数えていたのに。また数え直しだ」

「88鍵ですよ。ご存知でしょう?」
 ヴォーカリストは軽く片眉を上げる。
「さあ、この前はそうだったけど。皆もそう言っているけど…
 皆、僕に嘘を吐いているのかもしれないし、変わっているかもしれないから、
 毎回確認するんだ」 そして微笑む。あけっぴろげな、5歳児のような笑顔。

 ヴォーカリストが今度は無事に数え終わる。
「やっぱり88本だったよ」彼はなぜか少し得意気だ。
「そういったでしょう?誰も嘘なんて吐いてません」

 ヴォーカリストは唇の前に左手の人差し指を立てる。冗談めかした口調で小声で囁く。
「他の人には黙っててくれる? 疑っていたなんて思われたくないから。お礼はするよ」

 それを耳にしたピアニストの口から、無意識のうちにつるっと言葉が滑り出る。
 あの曲の最初の一音を鍵盤で叩く。
「なら、今夜はこの曲を、私に捧げて下さい」
 ヴォーカリストは微笑み、頷く。

 その夜、永遠の無償の愛を歌うその曲を歌うとき、ヴォーカリストは伴奏に聞き入って
いるかのように、ずっとピアニストを見つめ続ける。

 ピアニストは夢見る。その歌詞が、メロディではなく、喘ぎ声に乗って彼の口から零れる
光景を。自分の両手が、ピアノではなく彼の身体の上を走っていくことを。