※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

成人式or同窓会

来るだなんて、思いもしなかった。
心のどこかではなから来ないものだと思い込んでいたから、全く思考に掠めもしなかった。
小中を共にした懐かしい顔が並ぶ中に見つけた顔を、一瞬理解できなかった。
「おい立花、見ろよ。あいつ菊池じゃね?」
随分と頭身が高くなって、あの頃見下ろした目線が見上げた先にある。
女のような顔をしていた菊池は、男らしさが面差しに見え隠れする華やかな男になっていた。
そうだ。あの頃菊池はなよなよとして、友達も女ばかりだった。
男だか、女だかが曖昧なあいつが気に食わなくて、気持ち悪くて。
俺は、幼稚な残酷心でもって菊池をいじめ抜いたのだ。


「立花君」

式の半分は、やれ誰が可愛くなっただの、今どうしてるのかだの雑談を聞き流しているうちに終わった。
ざわついた会場の外で肩を叩かれ、俺は随分怯えた顔をして振り返ったように思う。
きんきんと耳障りだった声は、すっかり低く心地良いものになっていた。

「………き、くち」

元気してた?久しぶりだね。立花君変わったねえ、わかんなかったよ。
振り袖姿の女子がきゃあきゃあと、爽やかに微笑む菊池を見て騒いでいる。
お前、そんな風に俺と喋ったことなんかなかったじゃねえか。そんな顔したことなかったじゃねえか。
オトコオンナと囃し立てて、それにべそべそと泣くしかなかった菊池を見ると胸がすっとした。
同じ分だけ、もやもやとした。悪循環ばかりで、その関係に友情の欠片もなかった。
思春期の悪乗りで、俺は菊池の下着を剥いだこともある。
今思えば、何がそんなに楽しかったのかさっぱり分からない。
ただ、もっと違う接し方だってあったはずなのに。あの頃の俺にはそれがひどく難しいことだったのだ。

「……俺、」
「立花君?どしたの?」

掌にじわりと汗が滲む。ネクタイで締まった襟元が苦しい。
菊池はずっと笑顔だ。何事もなかったように。
俺は、何事もなかった顔をして、いいのだろうか。
昔はバカやったなあ、ごめんなあ、なんて。
酒でも飲んで、いや俺お前と友達になりたかったんだけどさあ、なんて、

「覚えてる?」

大人びた指が伸びて、俺のネクタイを何気ない仕草で緩める。
すっと、呼吸が楽になった気がした。

「俺は忘れたことないよ。今まで、一日だって、眠ってるときだって。
彼女のこと考えるよりも、立花君のこと考えてた」

つい、と人差し指が首筋を撫でた。
優しく、綺麗に笑う菊池を目の当たりにして、俺は取り返しのつかないものを失ってしまったことを知った。