※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

手をつなぐ

手袋を持ってきて良かった、と帰宅時間を迎えた岩田は心底思っていた。
登校しようと玄関のドアをあけた岩田の目に、一面の銀世界が飛び込んできたのは今朝のことだ。厚手のコートだ
けではもう駄目だと判断し急いで室内に戻り、手袋とマフラーを押入れから引っ張り出したことを思い出す。それか
ら半日。岩田は帰り支度をしながら玄関へと歩いていた。廊下の窓の外では、今朝より一層激しく雪が降り続けて
いる。玄関の扉に手をかけた岩田に、
「今、帰り?」
後ろから、同級生の声がかかった。
「おぉ、北村。…おまえも?」
「うん、一緒していい?」
頷いて、許可を示す。嬉しそうに笑った北村に促されて、岩田は外へと足を踏み出した。
大粒の雪が降る外は人通りはなく、防寒具を通しても寒さが伝わってきた。自然と北村との距離が近づく。大の男
二人の影がくっつくのを、岩田は気恥ずかしく思った。
「あ~さむ…。あれ?」
不意に疑問の声をあげた北村を、岩田は思わず不信そうな目で見返した。
「岩田、何で手袋してんの?」
「何でって…寒いからだよ。雪まで降ってんだぞ」
至極簡単なことを聞かれ、岩田は戸惑う。
「えー!!」
「なんだよ!?」
「いや、だって…」
左手をつかまれ、手袋を脱がされる。突然のことに固まる岩田をよそに、大きな手で岩田の手を包んだ北村は、
「恋人と手ぇつなぐときは、素手じゃないと」
と、にっこり笑って言い放った。
「ば、馬鹿!おまえ外だぞ、離せ!!」
「この道、街灯少ないし大丈夫。しっかし岩田の手、冷えてんなぁ」
「いや、離せって!」
「照れんなよ。あったかいだろ?」
強い力で握られた左手は振りほどくことが出来ず、抵抗は無駄に終わった。
「手、つなぐとあったけーな」
恥ずかしさのあまり岩田はうつむいた。顔を覗き込むようにする北村から目をそらしながら、指先が温まっていくのを感じ
る。手袋よりもこいつがいて良かった、とふと思った自分の思考に更に顔を赤くしながら、岩田はごまかすように、北村が
痛がる程強く手を握り返した。