※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背中合わせ

都会の一角に、時代に取り残されたような小さな公園がある


公園内の誰もが弱々しいと笑った、僕の背中の半分にも届かない小さな背
僕に気付くと明るい声を上げて駆け寄ってくる
『いつでもおいで、受け入れるよ』と囁くと、楽しそうなお喋りが背中越しに聞こえた

今では彼の肩甲骨に僕の肩があたる
花の降る春、日光に炙られる夏、紅葉色が彩る秋に白く閉ざされる冬と月日が流れても、彼はこうしてここに現れる
「ねえ」
あの頃の可愛らしさとは正反対の、低く落ち着いた言葉が背筋を撫でる
「今日こそ聞きたいんだけど」
僕は黙って下を向いた
「アンタただのベンチ?それとも俺に惚れてる霊?」

公園内の誰もが息を潜めた
僕は曖昧に微笑み返す
「どっちにしても、俺のこと好きならいい加減顔見せろよな」


その公園には、仲睦まじく語り合う幽霊と青年がいるらしい