※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幼稚園×高校

にいちゃんは ほんとうのにいちゃんじゃなくて、
おかあさんの ねえさんの こども。
こうこうせいの さんねんせいに なった。

にいちゃんは いつも あそんでくれる。
にいちゃんは ものしり。にいちゃんは せがたかくて
たまにめがねをしていて やさしくて かわいい。
にこにこするとき いちばん かわいいので
ぼくは こいをしている。
こいというのは むねが ぎゅうと くるしいものなのだ。
ようちえんでは「OOくんとXXちゃんがキスした」とか
「はたちになったら けっこんするらしい」なんてゆって おおさわぎしてるけど、
ぼくにいわせれば、そんなの おままごとれべるだね。わらっちゃうね。

にいちゃんは しょうらい ぼくのおむこさんになると きめてるので、
にいちゃんは おとうさんみたいに むこよーしになって、
うちで いつしょに くらせばいいとおもう。
こどもを たくさんうんでほしい。10にんくらい。
ぼくと にいちゃんの こどもなら ぜったい かわいいと おもうからだ。
はたちに なったら ぷろぽーず しようとおもう。
なかよしの△△ちゃんとそうだんして、
ぶるがり のゆびわを おくることにした。
それまで、にいちゃんに ヘンナムシが つかないように、
ぼくが まもって あげなくちゃならない。

あと じゅうごねんも まてるか わかんないけど。