※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネット恋愛

「ううわ、ほんとに待ってんじゃん」
「マジで!」
建物の影から覗き込むと、そこには青いマフラーをした高校生くらいの少年がいた。
腕時計と改札に視線を行ったり来たりさせて、そわそわしている。
写真をメール送ってもらって見たことがあるから間違いない、“タクヤ”だ。
「・・・自己嫌悪ー。」
「今更すぎる。覚悟していってこい」
「お前絶っ対楽しんでんだろ!なんで・・・あんなことしたんだ俺は」
その場に膝をついて座り込みそうになるのを必死でおさえる。
そんなことをしたらもう一生そこから動けそうにない。
「だよなぁ、タクヤ君だったら別に女子高生のふりとかしてなくても
 友達になってくれてたと思うよ」
「20過ぎの男がお菓子作りのブログやってたらキモいだろ」
「んー・・・そうかあ?」
「つかさ、あいつ俺の料理褒めてくれたんだよ!」
「・・・まあブログの写真だけじゃ味は分からないもんなあ」
田中は実物の味を思い出したのか、口に手をあてて顔を青ざめさせた。
「“ミカさんのクッキー、とても美味しそうですね!”だってさ・・・!」
俺の緩みきった顔を見て田中は心底嫌そうな顔をした。
“キモい”と言わなかった所に田中の愛を感じる。
「タクヤ君のメールの余韻に浸ってる場合か」
「行かなきゃダメか?」
「今更断れんの?タクヤくんわざわざ新幹線で来てんだぞ」
「ですよね・・・・・・」
「そろそろ本気で怒るぞこんな朝早く呼び出しやがって」
「・・・よし行ってくる」
「そうか。じゃー俺帰るわ」
「え!?」
「なんだよ」
「俺がタクヤと仲良くしちゃったら、田中寂しいじゃん?」
「・・・」
「聞こえなかったフリするなよ、寂しいんでしょ」
「ああ寒さで頭おかしくなったのかと思った。残念ながら自分でもビックリするほど寂しくない」
「だよね寂しいよね。だから今日は三人で行動しよう」
「人の話聞けよ。結局お前が寂しいんじゃねえか」
「今日は、一緒にケーキ屋さんめぐりしてレシピ研究する予定。」
「それは俺が甘いもの嫌いと知っての狼藉か」
「うん!」
「へえ。帰る」