※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

No.1ホスト×ちょいブサ

ちょいブサさんは容姿もさることながら話術もあまり上手じゃないから、
なかなか固定のお客さんが付いてくれない。
完全歩合制の職場なもんだから、
自分の3倍は稼いでる店でNo.1の売れっ子さんのことが羨ましくて仕方がない訳だね。
営業時間が終わってから家に帰る方向が同じだから一緒に帰るんだけど、
その帰る道中ちょいブサさんは売れっ子さんに固定客が付くための話術とか、
お肌の手入れ法とか、お店で売れっ子になるためのコツをしつこく聞きまくる。
でも売れっ子さんは的外れなヒントを出して、
わざとちょいブサさんが売れっ子にならないように仕向けるんだ。

なんでかって?
ちょいブサさんが売れっ子になっちゃったら当然今住んでいる
小さい1Kのアパートから高級マンションに引っ越すでしょ。
そうしたら一緒に帰れなくなって、
仕事終わりのせっかくの楽しい帰り道がつまんなくなっちゃうからね。
だったら売れっ子さんも真面目にちょいブサさんにお客が付くようなアドバイスをして、
お互いたくさんの固定客つくようになってから、
マンションに同居すればいいじゃないかという話かもしれないけど、
まだそこまで深くは考えられない、「夜明け前」の売れっ子さんなのでした。

その先はちょいブサさんが他の人に相談しているところを見ちゃって売れっ子さんが嫉妬するなり、
あまりに売れないちょいブサさんがホスト辞めると言い出して慌てて引き止めるなり、
お好きな方向で続きを妄想してください。