※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宿命のライバル

「くくく…とうとうここまで辿り着いたか、我が宿命のライバル…勇者よ」
「…」
「今まで散々我が計画を邪魔してくれたようだが、これ以上好きにはさせん。我が直々に
叩き潰してくれるわ!」
「…」
「ふ。何か言いたげな顔つきだな」
「…一つだけ、言いたいことがある」
「いいだろう、冥土の土産に聞いてやる。…何だ」
「宿命ってさー、何だかロマンチックだよな」
「…は?」
「いや『宿命のライバル』って結構そこらで聞くんだけどさ、宿命を辞書とかで調べてみると
【前世に決まった運命。もって生まれためぐりあわせ。】とか出てきてな。
前世から縁があって現世でめぐりあって強い感情をぶつけ合うってそれってどんだけ相手のこと
気にしてんだと」
「…おい貴様」
「何だよケンちゃん」
「ケンちゃん言うな!今の俺は魔王だ魔王!ほんっとーにお前は昔から空気の読めない男だな!」
「おーケンちゃんの『空気が読めない男』発言久々に聞いたなあ。昔はよく言われてたっけ」
「昔から頻繁に言われている自分を恥じて反省しろ!大体お前は昔から空気は読めないわ
発言はアホだわなのに剣も魔法も俺よりちょっとだけ強いから勝てないわいちいち俺の事
見つけ出してはちょっかい出すわ俺の好きな子からラブレター貰うわで碌な事をせん!!」
「わーよく覚えてんなー」
「そして俺が魔王になったら今度は勇者になって俺の計画まる潰しにかかるし!本当に、
お前は何でそう俺の邪魔ばっかりするんだ!!」
「え、何でって…好きな子いじめ?」
「…は?」
「え?何マジ気付いてなかったの?つーか昔からしょっちゅう言ってたじゃん」
「…いや、あれは冗談だろう?」
「そっかー通じてなかったのかーふーん…ま、今気持ちは伝わったみたいだし、『宿命』とか
言っちゃう位に俺の事気にしてるみたいだから脈が無いわけじゃないかー」
「え、え、ちょっと待」
「んーじゃあお前が村を出てからの心境報告と伝わってなかった分の俺の気持ちを理解させるために、
みっちりしっかり奥の部屋で足割って話し合おうかー」
「割るのは腹だああああああ誰かあああああああ」

バタン

『…帰っていいのかな…』:勇者のパーティーメンバー