※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

脱糞

「しかし雅之くんも大人になったねえ」
 おっとりとしみじみと話し出す恭介さんに、オレはわずかに心の中で身構えた。
 この人がこういう話し方をするときには、必ず何かある。
「そうですか?」
 素知らぬ顔で応じながら、オレはそっと恭介さんのシャツのボタンに手をかけた。
 せっかく隙を見て押し倒したのだ。このまま何もしないわけにはいかないだろう。
 笑顔のままだった恭介さんは、その動作にわずかに眉根を寄せた。
 同意の上ではないとわかっていても、この欲求は収まらない。
 前々から想いを告げていたにも関わらず、のらりくらりと変わらされて、
 それならいっそ離れてしまいたいとも思ったほどだが、それを恭一さんは許してくれず。
 このまま何もないまま、一緒にいるのが僕の幸せなんだ、と笑った笑顔はとても素敵なものだった。
 だが、それではオレが蛇の生殺し状態だ。
 ビバ実力行使。
 ボタンを全部外し終わっても、恭介さんはやんわりとした抵抗しかしていない。
 これならいける。むしろ、待たせていたぐらい?
 そんなことを考えて、頭もそして下半身もヒートアップするオレに、
 恭介さんはにこにことしたまま美声を紡いだ。
「1995年5月11日。君が7歳の頃だったね」
 その言葉に、オレの手はぴたりと止まる。
 恭介さんは懐かしむように目を細めたが、オレにとってはもっとも忌まわしい記憶だ。
「漏らしてしまったと君が泣くから、てっきりおしっこの方かと…」
「わああああああ!」
 形の良い唇から出る単語を遮るように、オレは大声を出した。
 しかし、恭介さんはさらりと続ける。
「あのときは大変だったんだよ?僕も中学校上がって間もない頃だったし…。
 叔父さんや叔母さんにばれないように全部片付けるの」
「ううう…」
 オレの両親に悟られないようにしてくれた恭介さんは、その当時オレの神だった。
 小学校一年生で恥ずかしさで死ねるかも、という感情を持った始めてのことだ。
 よもやこれからというときに、そのことを突きつけられるとは。
「動けなくなってうずくまってた君がねえ、僕を押し倒すなんて…」
 大きくなったんだね、と笑う恭介さんを拘束する力は、もうオレには残ってなかった。
 カウンター攻撃が一撃必殺技とは強すぎる。
「さ、続けるならどうぞ。まだまだ君の思い出話あるからね」
「遠慮しときます…」
 その思い出話が、どんな思い出話か考えるだけで背筋が凍る。
「そう?…ん、萎えたみたいだね、良かった」
 爽やかな笑顔の恭介さん。
 だけどオレの状態を確認するのに、股間タッチはやめてください…。