※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

勘違いしないで

「お前がね」
彼がこちらに視線を向けて、にこりと微笑む。
「俺のことを好きだって、見てればわかるんだ」
「…そんなとんでもない勘違いしないで下さい。アナタらしくもない」
僕は鼻で笑って、彼の視線を受け止める。
「勘違いぐらい好きにさせろよ。…なあ」
そんな僕に、彼は優しい。昔も今も。
「なんです」
「好きだよ、俺も」
その言葉に、僕はなにも言い返せない。言いたいことは
なにひとつ言えないままだ。今も昔も。
そんな僕のために、アナタは勘違いしてくれる。優しい人。
(どうか、お願いですから)
ずっと、勘違いしていてくださいね。
僕がアナタを好きだって。