※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背中がかゆいが手が届かない

寝返りを打てないもどかしさに目を開けて、そのまま心臓が止まるかと思った。
目の前には見慣れた友人の顔。ただそれだけなら死に至るほど驚きはしないが、お互いの距離が5㎝ないというのはいくらなんでも異常だろ。ああ、でもこいつのまつげ長いなあってそうじゃなくて。
慌てて周りの状況を確認しようとしたが、何故か身体の自由が効かない。
そういえば、寝返りが打てなくて起きたんだった、と思うと同時に、ベッドの柵を通って自分の両手を戒める鎖に気がついた。
…………え?何で?
いやいやいや、冷静になれよ俺!ってゆーか今更だけど、俺なんにも着てなくねえ?全裸じゃねえ?
恐る恐る隣の男の全身に目をやると……こいつも全裸か。
一つのベッドの上に、一糸纏わず密着した野郎が二人。しかも一人は鎖で拘束。
この状況はありえない。夢だろ、なっ、これって夢だろ!?
あー良かった。何の深層心理の表れだか知らないが、夢なら良いんだ夢なら。
さあ、俺はまた違う夢の世界に行くぞ!水着のおねーちゃんがいっぱい……
「尚人、さっきからぶつぶつうるさいぞ」
……そうですよね、夢なわけないですよねっ
そして起きてたならそうと言え。
「ちょっ、孝弘、これどーゆーことだよ!なんで俺がお前の隣で全裸で手錠なんだよ!?」
やつはうるさそうに眉をしかめた。
「そうでもしないと、お前逃げるだろ?服脱がせたのは、繋いだ後だとやりにくそうだったから」
「いや、そうじゃなくてさあ」
もっと根本的な理由が知りたいんだよ俺は!
「昨日、尚人が言ったんだぜ?『女なんかもう嫌だーお前がいればそれで良いー』って」
俺は昨日、彼女に振られてヤケ酒を飲みに孝弘の家に来た。そういえばそういうことを言ったような気もする。
「だから、『本気にしていいのか』って聞いたら『当たり前だろっ』ってお前は答えた。俺は『お前を抱きたい』とも言った」
全っ然覚えてない。孝弘に絡んだあたりで記憶が途切れているみたいだ。
「だからって何でっ」
「お前が『好きにしろ』って言ったから。でも酒に弱い尚人のことだから朝には全部忘れちゃうだろ?」
さすが親友。鋭いな。
「忘れても約束を果たしてもらえるように、今のお前の姿があるわけだ」
なるほど、筋は通っていないこともない。
「いや、でも、お前が俺に対して、だ、抱きたいとか思ってたなんて知らなかったんだけど」
「だって言わなかったから」
またサラリとぬかすなあこいつは。
けれど孝弘は、突然真面目な表情になって、言った。
「でも、昨日の尚人見てて我慢出来なくなった。…好きなんだよ、尚人。もうこれ以上、他の娘と付き合うお前を見たくない」
俺、そんなに真剣に見つめられると、何か動悸がしてくるんですけど。
……動悸?ドキドキ??
「だぁーっちょっとタイム!俺は確かにお前のこと好きだけどそれはそんなんじゃなくてっ」
「どうしても気持ち悪かったら止めるから。一生に一度のお願い、この通り」
いや、頭下げられても……
「大体何で孝弘まで何も着てないんだよ」
「いざやろうってとこで尚人が寝たからだろ。結構お前も気持ちよさそうだったぜ?」
なんか、この孝弘怖い。オーラが違う気がする。
「今から必要なものとってくる。待ってろよ」
そう言って孝弘は階下へと降りて行った。

残された俺は、ベッドに固定されたまま。
なんか背中がかゆくなってきたけど、これじゃ手が届かない。あーでも掻けないとなると余計にかゆいな。
なんとかシーツに擦りつけようとするが、上手くいかない。
ガチャガチャと鎖を鳴らしながら必死でかゆみと戦っていると、怪しげなチューブとどう見てもコンドームにしか見えないアルミ片を持った孝弘が戻ってきた。
「尚人、お前まだ逃げる気でいるのか?」
それはもちろんそうだが、これは背中がかゆいだけであって……何でそんな怖い顔するんですか!?
孝弘はゆっくりベッドに近付くと、サイドテーブルに持っていたものを置いた。「……っ」
俺、今から肉食獣に喰われるんじゃないだろうか。
孝弘の瞳から目が離せない。
「覚悟しろよ、尚人。イヤって言うほど泣かせてやるから」
「お前っさっきと言ってることが逆じゃないか!止めてやるんじゃなかったのか!?」
「……もう黙れよ」
そう言うや否や、孝弘は俺に覆い被さって、唇をふさいだ。


「……んぅ……はぁっ」
気持ち良すぎて死ぬかと思った。
「な?平気だろ?」
見つめられると、やっぱり動悸がする。
俺、もう駄目かも。孝弘はいいやつだし、何か拒めないし、キスは巧いし。
肩で息をする俺をよそに、孝弘の頭が下半身へと移動して行く。
ついに俺は、全てを受け入れようと、瞳をつむった。