※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

卒業

「あの後、ベンとエレインはどうなったと思う?」

久々にあの映画を見て―ストリップバーでのヒロインの頭上の乳首回しに声を合わせて大笑いした―
ラストにちょっと感動してお互い涙を見せずに泣いて(その間は目を見交わさないのが礼儀)。

 その後、いつも通りに愛を交わした後、寝入ろうとしたときに彼がそう呟いた。

「別れたと思う。ラストのあの表情見たろ」と答える。このあたりは手垢のついた話だ。
「彼らは僕たちほど変なことしていないのにね」
「そういう時代だったんだ。映画の手法だよ。
 それに、母子に手を出すのは十分罪深いと思うぞ。俺はお前の父親にも母親にも絶対手を出さないし」
笑いながら枕で彼を叩く。単なる寝入りばなの馬鹿話だ。

 ただ、その答えは予想に反していた。
「仮に、仮の話だからね。
 ―僕が結婚を勧められているとしたら、どうする?」

 その場合は話が違う。最後まで妨害する。暗闇とだって友人となってやる。
いざとなったら結婚式に駆け込んで阻止する。
ガス欠になっても絶対に阻止する。みっともない?迷惑?そんなのかまわない。
あくまで「仮の話」なのだから。
そして彼を攫ったら、絶対に別れない。

 俺は自分に関してはハッピーエンドしか認めない。