※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

たまにはこういうのもアリだろ

体中の汗と、白濁した液が、暖かい濡れタオルでふき取られる。
「いらない」と静止しようとしても体が動かない。
体が限界なのか、させてやればいいと本当は思っているのか判らない。

手首足首に残った荒縄の跡、擦り切れた皮膚に軟膏が塗られる。
つんとした臭いのそれは傷口にしみるけれど、
やさしく塗布されるのが心地いい。

首に残った指の跡にそっと額が寄せられる。
殴られた頬に手が添えられる。
優しく、なでられる。

「なんなんだ、さっきから」

掠れた声がやっと出た。起き上がる気力は無いから寝転んだまま腕を組む。

「……たまにはこういうのもアリだろ」
「自分でやっといて治療か。そんなら最初からすんなっつう話だよ」

二人で、内緒話をする子どもの様に声をひそめて笑った。
ひとしきり笑えば、また部屋がシンとする。

「本当に好きなんだ」

俺の首に顔を埋めたまま、泣いていた。