※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放課後の図書館に二人切り
図書委員長とじゃんけんで負けて押し付けられた平図書委員

――バサッ

 手に持っていた本が音を立てて。
 背中が本棚にあたる。

「委員長?」
 問いかけても、元凶は無言のままで。
「なんなんですか?」
 強くねめつけると、
「いやぁ、ここは襲うところかなっと」
 と、照れくさそうに答えた。
「あんた馬鹿ですか、いや、馬鹿でしたね」
「いーじゃん、どーせ誰もいないんだし」
「いいわけないでしょう!」
「なにー、後輩のくせに生意気」
 あ、こらなで回すな。
「わざわざ当番代わるなんて、どーせおまえも期待してたんだろ?」
「するかバカ! じゃんけんに負けただけだ!」
「いいっていいって。おまえの気持ちは、よーーくわかってるから」
 わかってない!
 そう叫ぼうとした言葉は、センパイの舌に巻き取られた。