※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

従者の秘め事

深夜。

屋敷を見回るのは、老齢の執事。
幼い頃奉公にあがり、今では主も3代目。
よく、勤め上げたと己をほめたくなる。

すきま風に体を震わせ、施錠を確認。
異常は無い。
最後に一度、年若い主の寝顔を見て破顔し、そっと離れる。

一番鮮明に記憶に残る、先代と雰囲気が似るようになってきた。
いや、顔立ち自体は、彼の祖父にそっくりだ。
先代が
「なぜ、私を飛ばして父に似た」
と呟いていたのも、覚えている。

懐かしい。全てが。

屋敷で過ごした日々を思い描きながら、執事はようやく、己の部屋へと戻った。
今日の昼には、ここを去る。
少しの心残りも無いように、全てやり終えた。

彼は、寝台の近くにあるテーブルに飾られた、小さな絵を手に取る。
色あせているが、その人は年もとらず、静かに微笑んでいた。

「これが最後です。あとは私が、墓まで持って行きましょう」
その時はまた、私を貴方の隣に添えてもらえますか?

秘めやかな問いかけと共に、執事は主の唇へ口付けた。