※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギャル男受け

勉強が好きか?と嗤われながら問われたので、僕は勉強が好きだ、そう答えた。すると、天才は違うなとかガリ勉とか、そんな言葉を掛けてくる。
勉強に勤しんでいる訳でもない。ただ、楽しいだけなのに。

しかし、周囲は嗤う。

そんな中で、1人だけ、周囲とは違う言葉を掛けてきた奴がいた。
奴とは今年から同じクラスになり、教師も手を焼いている。主に校則違反の髪型と、崩した服装、アクセサリー等において。
しかし、愛想が良くリーダーシップもとっていて、憎めない生徒とみなされている。

僕とは反対の奴と思っていた。

「いいんちょーって、勉強好きなんだ」
「ああ」
「オレもさ、服とか髪いじんの超好きなんだ!」

Mの字の前髪を触りながら満面の笑みで告げると、奴は手を差し伸べてきた。かと思えば、ぶんぶんと僕の手を握っては振る。

「おい、佐伯ー!そんなガリ勉と連むとか頭おかしいぜ!」

僕を天才と嗤った男が叫ぶ。そして、奴に頭をはたかれる。

「いいんちょーみたいに、好きなもんが無い奴は黙ってろ、ばーか」

そして、また僕に向き合う。

「いいんちょーの髪、超サラサラだよね。漆黒でキレーだし。スタイルもいいよね!」

そう言うと、僕の顔をじっと見つめる。自然に焼けた顔の色は僕の不健康な色とはまるで違う。しかし、その表情は僕と似ていた。面白い問題を見つけた僕の表情と。

「オレ、数学とかは嫌いだけどさ、服とかは超好きなんだ。なんか、自分ってこんだけ表現できんだって思ったり、似合わねーって思ってたサーフを着こなせた瞬間とか最高だし」

犬みたいにキラキラとしゃべり出す。この表情、なんだか愛おしい。

「ねえ、日曜日一緒に服見にいかない?いいんちょー、すげえ素材持ってるからさ!いいんちょーにも、この楽しさ伝えたいんだ!」
「…あんた、生き生きしてんな」
「あはは!分かる?」
「うん、可愛い」

裏表のないその表情に、真っ赤になったその表情に、僕も初めて勉強の楽しさを伝えたい、その前に日曜日の予定を空けなくちゃ、そう思った。