※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恋人はサンタクロース

嬉しいな。今日の夜は僕のもとに帰ってくるあの人。
世界中のこどもの夢とあこがれでできている、赤い服と白いおひげのおじいさん。
優しい笑顔といっしょに、心のこもった贈り物をたくさんの人に分け与える。
大きな愛ですべてを包む、神様。

僕は、いつもその人のそばにいる。
あの人が普段何をしているかって、それは世界中の人がいろんな想像をめぐらす永遠の秘密。
プレゼントを用意してる?
みんなに手紙の返事を書いてる?
それとも休暇中?
僕は知ってる。あの人はいつもね……

僕はお仕事を手伝う。
膨大なお仕事。気の遠くなるような。
どうやってこなしてるかって?
そりゃあたくさんの人数、魔法の力、莫大な資金……なんて。
皆さんのご想像におまかせします。本当のところは誰も知らない。

誰もが知ってるおじいさん。赤い服の神様。
でもあの人から話しかけてもらうのも、あの人のいちばん側にいるのも、
あの人の本当の心を知るのも、僕だけなんだ。
一年でたった一日、あの人はみんなのものになる。
でもそれが終われば、みんなの知らないあの人は、僕だけのものだよ。
他には誰もいない、僕だけがパートナー。
恋人のように、いつもいっしょに。

いつも泣いてた僕を、温かい手が撫でてくれた日から。
だから、胸をはって僕は走る。
僕の赤い鼻があの人のお気に入り、これはみんなが知ってることだけどね。