※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

爪を切る

ヒリつく背中に眉を寄せて、気の抜けた声で騒ぐ頭をはたく。一通りの作業を終えた右手を解放し、緩慢にパタパタと動く左手を取っ捕まえて、爪切りをあてがう。
「いっ、ひっ」
「……………」
「きょっ」
「……いい加減面白い声出すのやめてくんないか」
「だってなんか人に爪切られんのって思ってたよりくすぐった……いひっ」
パチンパチンと小気味良い音を立てて爪が切れる度に、短く意味の分からない悲鳴をあげてはプルプルと震える。
「あーもうやすりはやめてー」
「丸くしなきゃ意味ねえだろ、爪痕から血ぃ滲むとか尋常じゃねえぞ」
「あっちょっ、あーあーもうやっぱりゾワゾワするし…!」
「自業自得だ、我慢しろ。……ほら終わったぞ。」
「あ゙ーー…」

唸りながら枕に顔を埋めるのアホを横目に、ついでに俺も切ってしまおうかと思い爪を見る。が、すぐにそんな必要は無いと知る。
深爪すぎる程の深爪だ。

「……なあ、っていうかお前、爪立ても噛み癖もなかったよな。なんで今回俺こんなになってんの。」
「気分気分」
「ふざけろよ。痛えだろーが」
「ごめんねー……でも、ぶっちゃけつけたくてつけました。」
「は?」
女々しくてごめんね、大好きだからさあ。とやけに据わった目つきで笑ったアイツは、つつっと俺の首筋を撫でて、再び枕に顔を埋めた。

……はぁ?


翌日、顔を洗いに立った洗面所の鏡の前で、一人理解する。
……アホだ、あいつは。
首筋の虫刺され跡を腹立ち紛れにひっかくが、刺激はあまり無い。
俺が深爪してるのは、他の誰かのためではない。

まずは寝こけるあいつを叩き起こして、さっさとこのベタな誤解を解いてしまおうと思う。