※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノンケ(→)←ナルシスト

というわけで部屋は1つしか空いてないと、素っ気ないフロントは言った。
いい加減長い言い訳を聞くのも疲れたので、俺はあきらめた。
「じゃあ、それで良いです。簡易ベッドあるでしょう、運んでください」
料金はもちろん、二人分より割り引くよう付け加える。
加藤は何故かふんぞり返った。
「ふーん」
してやったり、の笑顔だ。
それっきりもの言いたげな顔のくせに黙り込んで、部屋まで後ろをついてきた。

歩きながら俺が
「簡易ベッドはジャンケンな」
と言うと、「……別にどっちでもいいんじゃないの?」とうそぶく。
絶対文句言うタイプなんだが。小さいベッドじゃ体が痛いとかなんとか。
だから、絶対なにか誤解している。

いい顔してるのは認める。仕事もまあできる方だと客観的に評価できる。
だから自分を過大評価する癖も、処世術の一つだろうと大目に見る。
でも、誰も彼もが自分に惚れるってのは考え違いだ。
過去にどういう経験があるんだろう、同性にまでそれを当てはめる思考は、正直想定外だった。
今、俺はそういう誤解を受けている。
何故一足飛びにそうなったかと言えば、思い当たる節もある。
こいつ、俺に惚れてるんだろう。こいつの方が俺を好きなんだ、そうじゃないか?
不思議なものだ。急にこんなふうにわかるなんて。
勘違いじゃないよな。

やや苦手。意識すれば、そういう相手だった。
そいつが今、気のせいか幾分そわそわと、俺の後をついてくる。
きゅっと引き締められたくちびるは、我慢なのか、期待なのか。
冗談じゃない、とは思わなかった。
初めて──可愛いような気がした。