※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

攻めに尽くしまくるワンコ受と 受けの態度に若干引き気味な攻め

「お前そろそろ捨てられるんじゃねーの」
幼なじみでもある友人の一言に俺は少なからず動揺した。
実際、最近田辺がそっけないのは自覚している。
いや、考えてみれば最初からそうだったのかもしれない。
大学の入学式で一方的に一目惚れした俺が最初に告白したときも、
断られても月一で告白を続けて、十回目にOKを貰ったときも、
なかなか手を出さない田辺に焦れて、泣き落としで抱いて貰ったときも、
いつも田辺は呆れた顔をしていたような気がする。
田辺に捨てられるのだけは嫌だ。
それだけは避けたい。
「どうしたらいいと思う?」
藁をも掴む思いでつめよった俺に、幼なじみは当然の顔をして答えた。
「愛情表現を控えめにしてみるとか」
愛情表現を控えめに。
友人のアドバイスを頭の中で何度も唱えていると田辺が来た。
「あ!田辺!!おはよう!!!」
田辺はちらっとこちらを見ると近寄って来た。
「朝から元気だな。今日お前は昼からだろう」
相変わらず田辺は優しい。
いつもならここで田辺を褒めるのをぐっと我慢する。
「うん!あ、これ今日の弁当な」
「……ああ」
今日は田辺の好きなシャケ弁だ、なんてアピールはしない。
「あ、あとこれお前が休んだ時のノート」
「お前その授業とってないだろ」
「たまたま暇だったから出たんだ」
さりげなさを装う。完璧だ。
「……俺、これから授業だから」
「頑張れよ!」
そのまま、教室の中に入って行く田辺を見送る。
愛情表現はかなり控えめになったはずだ。
これで俺と田辺は安泰だ。
教室前のベンチに座った友人に向かって、得意げに振り向く。
しかしながら奴は、俺と目を合わせようとはしなかった。