※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トリック・アンド・トリート

「trick or treat!」
やたら小気味よい発音と共に現れた猫耳野郎を見て、俺はがくりと肩を落とす。
無言のまま部屋に入り、何か菓子がないかと探れば、学校で貰ったチョコを発見した。
包み紙をあけて、ほれ、と呟けば、タクは嬉しそうに口を開くので、そこに放り投げてやる。
「んっ! おいひい」
「何か高いヤツらしいから」
「! 俺が貰っていいの?」
「…口モグモグしながら言われても少し説得力に欠けるっていうか…」
苦笑しながら招き入れれば、にゃんにゃんっ、と自作のにゃんにゃん鼻歌を奏でつつ入室した。
そっか、ハロウィンか、などとのんきに思いつつタクのマグカップを取り出した。
「(…そうだ)」
ふと思いついた悪戯に、頬が緩む。
コーヒーを淹れて彼の前に置いてから、頭につけられたネコミミカチューシャを装着してみた。
タクは目を丸くしたのち、ゲラゲラと笑い出す。似合わないのなんて重々承知だ。
俺は笑みを湛えつつ、彼の手首を掴んで馬乗りになった。タクの表情が一変する。あ、やべえって思ってるな。
「タク」
「あの、この手はいったい」
「trick and treat?」
「選択権ないのっ?!」
唇を耳元に近づける。

「キスと、それよりも凄いこと、するからね」