※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死亡フラグブレイカー


指を絡めて、少し俯いた顔をあげる。逞しい手首に下がる緑のミサンガが僅かに揺れると、真剣な表情で彼は言った。
「俺、この試合が終わったら告白するんだ」
「……ああ、そう」
スコアボードを抱きしめつつ、エースの妄言を軽く受け流しつつも返してやると、
唇を尖らせながらなんだよその反応! と怒られた。だってキモいんだもん。
それに知ってるか、そういうの死亡フラグっていうんだぜ。そういうこと言っちゃうとボコスカうたれちゃうぜ。
そう思いはしたけれど、実際口にしたらマジで打たれてしまいそうな気がしたので、やめた。
選手の精神のケアもマネージャーの大事な仕事だからだ。
高校三年生の野郎にしては幼すぎる言動に溜息をつきつつ、彼の隣に腰掛ける。
「つか、え、オマエ好きな人いたんだ」
「うん。いつも俺のこと支えてくれてて、いつも俺中心に物事を考えてくれてて、緑のミサンガをチーム全員にくれたヤツ」
「……はあっ?!」
思わず立ち上がって、叫んだ。意味わからん。もう一度言う。意味わからん。
思考をぐちゃぐちゃにさせていると、実質告白に近いことを言いやがったそいつは、意地悪く笑いつつ立ち上がる。
そして俺を指差して、「完封におさえるから。見てて。お前のために投げるよ」と言った。
チームのために投げろよ、とか、そういうこと言うとマジでうたれるぞ、と色々と思ったけれど、
何をどうしたらいいのかわからなくて、バカ、と叫んでおいた。

このバカが本当に完封して、甲子園行きを決めたのは、また別の話だ。