※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

獰猛な羊×気弱な狼

むかしむかし、ある所に狼がいました。
狼はその風貌からまわりの動物たちに恐れられ、長い間一人ぼっちでした。
「こんなに淋しくては生きていけない」と、狼はみんなに優しくすることに決めました。

ウサギも食べません、ヤギも食べません。
鹿も食べません、豚も食べません。
みんなと一緒に木の実を食べて、野原をかけて遊びます。
けれども強くて立派な狼は、とってもお腹がすきました。
「どうしよう、どうしよう」
泣くとお腹がすきました。
泣けば泣くほどすきました。
木の実を食べても力が出ません。
「このままではみんなを食べてしまう、また嫌われてしまう」
森のみんなに嫌われることを死より恐れた狼は、このまま一人でひっそりと、春まで眠ってしまおうと思いました。
寝床にしている木の穴の外ではウサギや豚や、ヤギや小鳥や鹿たちが、「狼さん」と呼んでいます。
「狼さん狼さん、川で一緒に遊ぼうよ」
「狼さん狼さん、力仕事を手伝って」
「狼さん狼さん、どうして返事をしてくれないの?」
「なーんだ、狼さん、僕達を嫌いになったのか」

狼は泣きました。
涙もないのに泣きました。
「違うんだ」
言葉も出ません、口も動きませんでした。

狼が目を閉じてじっとしていると、穴のさらに奥から小さな音が聞こえました。
開かなくなったまぶたの向こうに灯りがあるのが見えました。
どん、と音がして鼻先に、暖かい何かが置かれました。
触らなくてもわかります、それは大きな肉でした。
なんの動物かわからない、とても大きな肉でした。
狼は無心になって、命の最後の力でもって、口を動かして食べました。
起き上がって驚きました。
目の前にいたのは一匹の羊でした。


「なんだ、生き返ったのか。しぶといな」
そういって羊は、穴の奥へと引き返していきました。
狼も後を追いかけます。
「お前、狼のクセに。なにしてやがんだ」
羊が聞きました。
狼は答えません。
羊は続けて聞きました。
「食いもんなら穴の外に幾らでもいただろう」
狼が答えます。
「みんなは僕の友達だ!」
穴に響く大きな声に、羊は小さく笑います。
「友達なんて、くだらねえ。自分の腹も賄えないような奴が、なに甘っちょろいこと言ってんだ」
狼は聞きました。
「君の群れはどうしたの?羊は群れるものでしょう?」
羊が大きく笑います。
「群れってのは退屈でな。こういう方が気楽なんだ」
狼が聞きました。
「どうして僕を助けてくれたの?」
羊がにっこり笑います。
「それはね、いっぱい恩を売って、おいしくなったら食べるためさ」
続けて羊は「淋しいならここに住め」と、一枚の扉を蹴って開けました。
むせ返るような干し肉の香りに、狼はクラクラと眩暈を覚えました。
「『何の肉か』は気にしなくていい。一生お前を食わせてやるよ。もちろん、さっきみたいに狩りたてを生でな。これはただの保存食。いわゆる給料3か月分だ」
羊は狼の手を取って、鈍った爪にキスをしました。
狼さんは思いました。「これは悪い羊だ」と。
けれど気付いたときには涎を垂らして、首をぶんぶん縦に振っていました。
羊はほんのちょっとだけ、照れくさそうに笑いました。

こうして羊と狼は、暗い穴の底でいつまでも淫猥に暮らしましたとさ。