※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歳の差を気にする

「先輩の理想のタイプってどんなですかー?」
「んー別にない。普通」
「じゃあ年齢差いくつまでOKすか?」
「んー3歳差くらい? 離れすぎると話合わなそうだし」
「そっすか」

「おまえのタイプは?」
「俺ですかー? 聞いてくれますー?」
「流れ的に聞くしかないだろ」
「ですよねー? 俺は絶対年上です! しかも5歳上限定」
「へー」

「髪は黒のショート、顔は地味めで目元に黒子があって
趣味が読書で、携帯の待受が実家の愛犬で、後輩に優しくて
ちょい不器用で、うどんよりそば派でネギ苦手な人が理想っす!」
「そうか。昼休み終るから会社戻るぞ」
「うぃーす!」

「おい」
「なんすか先輩?」
「俺の理想の年齢差、やっぱ5歳差までにするわ」
「あざーっす!」