※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夏祭りの思い出

綿菓子でベタベタになって
かき氷で舌を虹色にして

一番の思い出は、神社裏で、ひとつの大きな林檎飴を二人でかじったことだ。
その流れで初めてのキスをされた。よく覚えている。

「甘酸っぱい思い出だー」

仕事帰りに浴衣を纏った女の子たちが、下駄を軽やかに鳴らしながら歩いているのを見て、今日が地域の夏祭りなのだと知った。
高校2年、彼と結ばれて初めて行った夏祭り。その思い出を逡巡しながらひとりごちる。

「夏祭り」
連絡はない。というか、一人でだってここ何年も夏祭りなんて行っていない。
どうせ今年もいつも通りだ。自分に言い聞かせながら帰路を辿る足を速めた。

「うわ、なにこの匂い。」
安いアパートはドアを開ければすぐにキッチンだ。外から明かりが見えたから、彼が来ていることは分かっていた。
それにしてもこの甘いにおいは…

「お帰り」
「ただいま。キッチ汚すなよー」
彼がこの家で好き勝手しているのはいつものことなので、素通りしてクローゼットに向かう。


「で、なにしてんの」
手洗いうがいを済ませてからキッチンを覗くと、クッキングペーパーに拳くらいの林檎が串刺しになって、紅いべっこうの飴で包まれていた。

「りんご飴?」
「そう。」
はい。と林檎飴を口元に突き出され、少し怪訝に思いつつもその艶めく紅に歯を立てる。まだ温かいななどと考えている間に視界に影が落ちた。
林檎を挟んで、お互いに視線を絡ませる。

「……。」

シャクっと音がして彼が林檎をから顔を離した。口角を舌でなぞりながらにっこりと笑う。いつの間にか林檎も視界から消えていた。
「初チュー記念日、10年目」

遠くで打ち上げ花火の音が響いている。