※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

両片思い

「お前に謝らなければならないことがある」
「なっ、ななななにかな!?」
「なぜそんなに狼狽する」
「いや別に!僕は至って普通だよ。ふつー。いつもどおり!」
「そうか?」
「そうだよ!そ、それよりも!謝ることってなにかな?」
「実は」
「う、うん」
「…………いや。やはり、今はよそう」
「ええっ!?わざわざ訪ねて来てくれたのに!?」
「すまない」
「すっごく気になるんだけど!」
「……すまない」
「あ、いや怒ってるわけじゃなくて。……あの。僕に気を遣ってくれてるとかなら、気にしなくてもいいよ。
 どんな内容だって僕は平気だし。そもそも、あれを書いた時点でそういう覚悟は出来てるというか…」
「覚悟?」
「うん。だから、君の言いたいことをズバッと言っちゃってよ」
「……いや。俺はあまり喋る事が得意ではないから、上手く伝えられる自信がない。
 お前はいつも俺の拙い言葉を汲み取ってくれる。が、いつもそれに甘えるわけにはいかない」
「そ、そっか」
「だから、一度戻って、お前に手紙を書くことにする。自分の言葉で。それを、読んで欲しい」
「わかった。………ってことは、わかるのが1、2日後ってことか…うわー…生殺し…」
「ん、何か言ったか?」
「ううん、何も。じゃあ、手紙待ってるから!」
「ああ。それでは、またな。邪魔をした」
「うん、またね」


「ううううう……『謝る事がある』って、もうイコール返事はノーって言われてるようなもんじゃないかー。
 でもああ言ってくれてるのに、無理に言わせるのは余計に嫌われそうだし…
 仕方ないから、手紙が届くのを待っていよう。……ああ、なんか、死刑囚の気分……」

そのときの僕は知らなかった。
僕が彼に宛てて書いたあの手紙は、彼に読まれていなかったことを。
そして、家に帰った彼が『さっきの手紙の用事はなんだったか』と手紙に書いていることを。

「あーあ、お腹、減ったなあ……」