※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

破れ鍋に閉じ蓋

「先生。や…破れ鍋に綴じ蓋って何すか?」

放課後の美術室で、俺は黙々と課題をこなす。
先生は教壇に座り、黙々と美術のテストの採点をこなす。
そんな二人きりの間に流れる沈黙は、俺が破った。

「…やぶれじゃない。われ。われなべにとじぶたって読むの。それより部活は?」

答案用紙を採点する手を休めずに、先生が言った。
解答を得られなかったので、仕方なくことわざ辞典をパラパラとめくる。

「…あったあった。“破れた鍋にも合った蓋がある。どんな相手にも似合う配偶者が居る事。…類義語、似た者夫婦”」

声に出してからノートに解答欄に書き写す。
先生のため息が聞こえた。
チラと見ると、けだるそうにしながら採点し終わった答案用紙を代えていた。

「なあ、主将が練習出なくていいの?柔道部って試合近いんじゃないの」
「先生、最近何かあった?」

ペンが止まった。
ここ美術室へ来てから初めて俺を見る先生の瞳は、やや驚きの色をみせている。

「おまえ…」
「いや、ため息多いっていうか。今日の授業ん時も、今も。悲しいって顔してるし、何でかなーって気になっただけっす」

説明してあげると、先生はまだ驚き顔だけど少し笑った。

「………ま、ちょっとあれだよ…彼女にさ…ああこんな話、生徒にしちゃいけないよなー」
「フラれたんすね」
「……ズバッと言うな」

先生はペンを置き、ばつが悪そうに頭の後ろを掻いた。

「…しかしおまえ鋭いなぁ。体鍛えてるだけの男でもないんだな」

先生もわりとズバッと言いますよね。
そう言ってやるのは我慢した。

「じゃあ日曜日はヒマっすよね」
「…ヒマって言うな」
「試合、見に来てください」
「え?…まぁ、別に見に行ってもいいけど」
「よし。優勝しますんで俺」
「…おまえなぁ。そーいうのは好きな子に宣言するもんだろ」
「そのつもりで言いました」
「…え?」

課題ノートやら筆箱やらを通学用ショルダーバッグにしまい、肩にさげて帰り支度をする俺を、先生は黙って見るだけだ。

「練習、行ってきます」
「…あ?ああ」

ペコリと小さく頭を下げて教室を出た。
去る間際に見た先生の顔は、まだ呆気に取られた表情をしていた。
――ちょっと急ぎすぎたかもしれない。
でももう止まれないものはしょうがない。
今はただ、先生に似合う男を目指すのみだ。